前日も一緒に

 新しい年が明けて早5日が過ぎた。

 

 今日は、今年6人目の故人様をお送りさせていただきました。

 

 亡くなられる前日も一緒に食事をしていた方が、ずっとそばにいると思っていた方が、ある日突然いなくなる。

 

 朝方電話をかけると出なかった。

 

 それは虫の知らせのようだった。

 

 様子を見に行くと昨夜の2時頃心臓発作を起こしこの世を去ったという。

 

 まるでよくあるエピソードかもしれない。だけど、彼らにとっては今起きている悲劇でもある。

 

 と、いうことを葬儀従事者として忘れてはいけない。と思う。

 

 昨夜、親戚の腹に命が宿ったと聞いた。家族は泣いて喜んだ。

 

 出会いと、別れはやっぱり日常的に頻繁に起きているんだなぁと、なんだかやっぱりこの仕事は痛感する。

山田 佳江
私は、これまで自分自身や、たくさんの方々の悲嘆、悲しみと遭遇し向き合ってきました。これからは一歩ずつ、ゆっくりと歩を進める人生のなかで、死化粧師としてできることを探求し続け、こころねとご縁ある方々のグリーフを大切にケアしてゆけるよう精進して参ります。