前日も一緒に

 新しい年が明けて早5日が過ぎた。    今日は、今年6人目の故人様をお送りさせていただきました。    亡くなられる前日も一緒に食事をしていた方が、ずっとそばにいると思っていた方が、ある日突然いなく...

元旦はお葬儀もお預け

   1年に一度だけ、斎場が休みになるところが多い元旦。この日ばかりはお葬式もお預け。    仕事の依頼もなく、おせち料理や雑煮を食べながらテレビを見て過ごすお正月なんて。いやほんと何年ぶりだろう〜。...

同じ人に来てもらいたい

 突然ですが、葬儀には葬儀担当のディレクターさんが自分のお客様を持つものです。    このお仕事(納棺)は、通常指名制度といったものがない業界です。(東京では指名にも対応してくださる納棺会社さんなど一部あるよう...

納棺師としても

   本日は、休息日。    さて、こころねは、基本的ににおくり化粧を主にお仕事をさせていただいておりますので、納棺は出来ないの?と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんので本記事を記しておきます。...

援助者という意識

誰もが当事者、誰もが援助者    今日は、これから遺族になりゆく方々と日々親密に接してこられた方から、エンドオブライフケアについていろいろな現場の体験談を聴いてきました。    この「きく」というフレ...

ご縁

   最近、ご縁があってみかんの里へ伺わせていただいております。      近隣のみかんの里というと和歌山ですね。和歌山は幾度となく足を運んでいましたが、今回は、はじめて伺わせていただいたホ...

ひとつの症例

ガン患者・家族との関わり方    先日、ターミナル期に深くかかわる緩和ケアドクターの講義を受けさせていただきました。    とてもリアルなご自身に起きたグリーフの過程、回復までの心のお話を患者家族の姿...