3億円冊入りました

 昨日は沖縄由来のご家族の方に見守られながら、ひとりのおじいさまをご納棺させていただきました。

 3年生のひ孫であるお嬢ちゃんが、おじいさんの体を熱心に拭いてあげていたのが印象的でした。

 葬送の場では、お子様によってお別れに積極的な子や思い出を振り返れる子、感謝できる子など、こちらがつい感心して目を見張ることもあります。

 多くの場合静かに見守っていたり、わいわいはしゃいだり、怖がったり、子供たちの個性の多さの分、私たち納棺師はその時々に応じた対応が必要ですね。

 今日は沖縄で入れる地域が割とあると言われる黄色の3億円札💴をご用意されたので、お棺に入れておられました。

 初めて見たので、私も見せてください〜!と、ついつい。笑

 六文銭がなんだかとっても少なく感じたけど、これは船を渡る時のお金だからね!

と言ってありがたく入れました。

にっこり^ ^

山田 佳江
私は、これまで自分自身や、たくさんの方々の悲嘆、悲しみと遭遇し向き合ってきました。これからは一歩ずつ、ゆっくりと歩を進める人生のなかで、死化粧師としてできることを探求し続け、こころねとご縁ある方々のグリーフを大切にケアしてゆけるよう精進して参ります。