ご縁

 

 最近、ご縁があってみかんの里へ伺わせていただいております。

 

 

 近隣のみかんの里というと和歌山ですね。和歌山は幾度となく足を運んでいましたが、今回は、はじめて伺わせていただいたホールさんでした。
 以前からとっても興味のあった葬儀社さん。ご縁からご縁につながってここに来たんだなぁと、とても不思議な気持ちになりました。

 

 お互いにとっての『良いかたち』が見つかったような感じがします。

 

 やりたいこといっぱいあるけど、ほんとに一日一歩という感じ。時間って有限だなぁ……。

 

 ちょっと休憩して、お散歩がてら美原本通り商店街にあるパン屋さんに行ってみました。たたずまいはこじんまりしていて気の利くお姉さんが対応してくださいました。お値段の安さとかわいらしいパンの品数の多さに、想像以上に心おどる。

 

 あとご遺体専用化粧品についてこちらでも紹介させていただきます。グリーネイチャーさんからの新商品でモニークという化粧品。なんと、メーカーさんのところに今日商品がようやく届かれたそうで、来週から順次発送だそうです。こころねでも取り入れさせていただきました。担当の江川さん、お会いしたわけではありませんが、いいお人柄が伝わってくる方でつい商品と一緒にご紹介したくなります。笑

 

 こちらのオイルミストは2月発売だそうですが、乾燥が天敵の故人さまにとって、この商品はまさに!こんな商品あったらいいなぁ~って個人的に願っていたものだったので使ってみるのが今からとてと楽しみです。

 

 ご遺体専用化粧品といえば、(株)コスモトレードアンドサービスさんのフューネラルメイクキットの『Towane』が一般的かなと思われます。こちらの監修をつとめておられる宿原先生にはお世話になっておりますので、そちらもご紹介させていただかないといけないんですけど、それはまた追々。業界の方なら皆さんご存知ですよね^^;

 

 それにしても近頃じゃ男性用の化粧品が生まれたり、これからもどんどん新たな価値観が生まれていくでしょう。

 

 50年後、今のメイク上手な若い方が亡くなられる頃……死化粧師にはコスプレメイクや、外人メイク、特殊メイクまで求められるかもしれませんね。ご遺体専用でなくとも、マーシュフィールドなどカバーリングに特化した優秀な化粧品などもあります。メイク本当に奥が深い…!

 

 やはりずっとずっと探求し続けるしかないのだろうなぁ。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

おくり化粧 こころね

 

 

山田 佳江
私は、これまで自分自身や、たくさんの方々の悲嘆、悲しみと遭遇し向き合ってきました。これからは一歩ずつ、ゆっくりと歩を進める人生のなかで、死化粧師としてできることを探求し続け、こころねとご縁ある方々のグリーフを大切にケアしてゆけるよう精進して参ります。