死後のご処置

お化粧の前に必ず施す死後処置は、穏やかなおみおくりのために、なによりも重要です。おキズの止血や保護、詰め物、防腐処置、開いた目やお口をお閉じする。損傷の具合によっては縫合や人口皮膚の形成、シリコン注入等の技術を用い、可能な限りお肌を復元いたします。※故人さまらしいお顔、穏やかなご表情を作ることも担う。

山田 佳江
私は、これまで自分自身や、たくさんの方々の悲嘆、悲しみと遭遇し向き合ってきました。これからは一歩ずつ、ゆっくりと歩を進める人生のなかで、死化粧師としてできることを探求し続け、こころねとご縁ある方々のグリーフを大切にケアしてゆけるよう精進して参ります。